室内温度比較実験
(実証測定図)

室内温度比較実験(実証測定図)

測定概要

測定場所:新英運輸株式会社 事務棟1階-社長室、応接室の2個所

測定期間:2008年9月5日(金)~2008年9月15日(月)の土曜日、日曜日

測定間隔:1日24時間を10分間隔

測定機器:日置電機㈱制 HIOKI 温度ロガー3650

sokutei

A室の窓ガラスは、ソーラーカットE を内側に塗布し、B室はフロートガラスのままで、上記室内温度比較実験でも表現した様な条件下で、それぞれの室温の変化を測定した結果、両室の温度差が4℃である事を確認しました。サンライトシールド(C-1000K)を塗布した場合には、赤外線カット率が1.4倍となりますので、温度差が約6℃まで低下する計算になります。